園芸Park(種苗交換・配布)

私の覚書(育て方)のサイトです。

2019年06月

サルビア パープルボルケーノ

耐暑性あり

日向~やや半日陰
根が張れば、乾燥地にも対応します
ある程度耐えますが高温多湿を嫌います
タネがこぼれた後に花茎を切る程度
肥料 剪定後と春か秋 必要に応じて

日向だと葉色が綺麗ですが、半日陰でも育ちます

よく日のあたる、乾燥気味で水はけのよい場所
盛んに生育して大株になるので、開花までに1~2回摘芯して草丈を抑えるとこんもりと形よくまとまります。大株になったら4~5年に1回くらい植替えをしてください。

キチジョウソウ

剪定したいのです。挿し穂で増えるのかどうか ヤフ―検索で調べましたが、載っていませんでした。
どうなのでしょうか?
ゴミにするのもかわいそうだし・・

ミズヒキ

多年草
紐のような花茎に小さな花が初秋から晩秋にかけて咲く。花っていうよりは、贈答品に結びつける「水引(ミズヒキ)」に確かにそっくり。花は上から見ると赤、下から見ると白。そういうところも水引っぽい。斑入りのものもある。
花はよく見れば趣があるんですが、パッと見には地味。群生させるか、斑入りの葉っぱがキレイなものを植えた方がいい。性質は頑健。こぼれダネで増える。増えすぎて困るかもしれない。そういう意味では上級者向け。
日当たりで育てると花が多くなる。
乾燥に強く、過湿に弱いので土が濡れている間は水やりをしないでください。根腐れを起こします。
そもそも自生する植物なので、肥料はなくても枯れない。生育が悪い場合は、緩効性肥料をやるか、液肥をやる。

花(8~11月)
肥料:土が肥沃なら無理に与える必要はありません

乾燥を嫌う
冬季は地上部がない状態となります。

引っ越してきました

下記から 引っ越してきました。
http://yosienn.blog25.fc2.com/

私の覚書のサイトです。

最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ