園芸Park(種苗交換・配布)

私の覚書(育て方)のサイトです。

ジュズサンゴ(育て方)

ジュズサンゴ

https://lovegreen.net/library/garden-tree/defoliation/p223708/
寒さには弱い
さほど肥料を必要としません。生育中の春と秋に緩効性肥料の置き肥または液肥を少なめに与える程度で十分です。
鉢植えで育てる場合は、二回りほど大きな鉢に植え付けます。

https://greensnap.jp/category1/flower/botany/605/growth
根詰まりをしているようなら植え替えが必要です。一回り大きな鉢に植え替えます。
植え付け時期は、4月~6月が適期です。ポイントは、水はけがよく、酸性の土壌づくりです。

https://shiny-garden.com/post-2007/

ワイルドオーツ(育て方)

https://lovegreen.net/library/flower/p177898/
冬に地上部が枯れたら、根元まで切り詰めます。翌春の準備で新芽が出ていることもありますので、間違って切ってしまわないように、根元から数センチ上で刈り込みます。
株分けで増やせます。
真夏と真冬を避けた、春か秋の暖かい日に行います。植え替え後はたっぷりと水を与えます。
多肥を嫌いますので、特に肥料の必要ありません。鉢植えで、土が痩せてきたと感じたら、追肥よりも植え替えをしましょう。

タイガーグラス(育て方)

https://engei.net/Browse.asp?ID=62556
土壌は普通の庭土でよい
水がたまらないように、少し土を盛って植えつけてください。生長旺盛なので、株の間は50~100cmあるほうがよいでしょう。鉢植えは7号鉢以上に植え、日当たりのよい場所に置きます。
肥料が不足すると芽立ちが悪く細くなり、穂が出ないこともあります。4~6月の生長期は2ヶ月に一回くらい、緩効性化成肥料を5号鉢で2~3個、置肥します。
3~5月頃の株分けにより増殖できます。鉢植えの場合、1年でかなり大きくなるので、毎年植え替えが必要です。思い切って株を半分以下に削るか、一回り大きな鉢に植え替えましょう。
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ